年中無休 042-366-8808

チェリーアベニュー動物病院

HOMEに戻る

口内炎猫特有の歯科疾患

人間やイヌにももちろん口内炎はありますが、猫には通称”難治性口内炎”とよばれる特有の疾患があります。
これは歯肉や口の中の粘膜が非常に強い炎症をおこすもので常に出血傾向がみられます。
ひどいものでは舌の表面がはがれて潰瘍を形成しているものもあります。

  • 難治性口内炎
  • 難治性口内炎

歯(歯根を含めて)の表面に付着した細菌に対して猫の体が過剰に反応するのが原因ですがなぜそのような反応がおきてしまうのかはまだわかっていません。

この病気になった猫は口の中にさまざまな程度の不快感や痛みをもつようになります。ドライタイプのフードを食べなくなることが多く、缶詰ややわらかい食べ物ばかり食べるようになります。病気が進行すると全く食べることができなくなったり体重が減少してくるようになります。また行動にも変化がみられることもあります。不活発になったりあるいは逆に攻撃的になったりグルーミングが減ったりといった変化がみられます。

治療はこの病気の原因となっている細菌が付着した歯を抜歯することから始めます。通常は前臼歯と後臼歯を全抜歯します。切歯部や犬歯部にまで炎症が及んでいるものに関しては切歯、犬歯も全抜歯します。たくさんの歯を一度に抜いてしまうことに抵抗を感じる方もいらっしゃると思いますが、他の治療に先がけてこの抜歯という処置をしておかないと予後がおもわしくありません。

こうした外科的な処置のあとに長期的な抗生物質療法を開始します。時にはステロイド剤を使って炎症を抑えることもありますが、この薬剤の使用に関しては注意が必要です。残念ながら歯科専門医のいない多くの病院では最初からこの薬を使うことが多いようです。ステロイドというのは炎症を抑える作用が非常に強く一時的には良くなった様にみえますが、投与をやめるとすぐに元の状態に戻ってしまいます。また抜歯に先がけてこの薬品を投与してしまうと手術をした後の炎症の回復が投与をしなかったものと比べてたいへん悪いこともわかっています。

猫のエイズと白血病のウイルスに関してはきちんと検査しておく必要があります。これらのウイルスは口内炎の直接的な原因にはなりませんが、病気になりやすくする要因、あるいは病気を悪化させたり治りにくくする要因になります。

予防はただひとつ、細菌のかたまりである歯垢を付着させないこと。そのためには毎日の歯磨きが大切です。t/dやマキシガードなども併用すると良いでしょう。

破歯細胞性吸収病巣猫特有の歯科疾患

破歯細胞性吸収病巣

猫特有の歯科疾患の代表的存在です。破歯細胞という歯を破壊する細胞によって歯が破壊吸収されていきます。
この病気も口内炎と同様原因はわかっていません。100年以上前から存在が知られていた病気ですが、当初はその症状が人間の虫歯によく似ていたため”猫の虫歯”とよばれていました。
また前臼歯、臼歯では病変が歯頚部(歯冠の付け根、歯肉に接するあたり)から始まるため歯頚部病変(ネックリージョン)とも呼ばれています。

はじめにエナメル質が吸収されると象牙質が露出します。象牙質には象牙細管という細かい孔が存在しここには神経が分布しているため猫は痛みを感じはじめます。前足で口をかいたり、食餌中に食べ物を落としたり、悲鳴をあげたりします。
口内炎のときと同様、引っ込みがちになる、あるいは攻撃的になるなどの行動上の変化やグルーミングをしなくなるなどの変化がみられることがあります。
ドライフードを食べなくなることも多く、やわらかいものを好んで食べるようになります。しかし口内炎とは異なり完全に食欲がなくなることはありません。

治療は初期にエナメル質だけが侵されているときには歯冠修復も可能ですが、多くの症例では抜歯が必要になります。

犬歯の突出猫特有の歯科疾患

老齢の猫で時に長くなった犬歯を観察することがあります。いっけん歯肉の付着部が後退しているようにも見えますが実際は歯槽骨のソケットの部分から犬歯が押し出されてきている状態です。なぜこのようなことがおきるのか、詳細は明らかにされていませんが、歯周疾患に犯された犬歯を猫が異物と認識して自分の体から排除しようとしていると考えられています。突出した犬歯は破折しやすいので猫の食物などに注意が必要です。

  • 犬歯の突出

    犬歯の突出

  • 犬歯の突出レントゲン写真

    レントゲン像
    歯根部が歯槽のソケットから
    突出しています。