年中無休 042-366-8808

チェリーアベニュー動物病院

HOMEに戻る

歯科予防処置

歯科予防処置とは全身麻酔下で動物の歯と口腔内の診察をし、同時に歯を歯周疾患やその他の病変から守る処置を行うことです。具体的には次のような手技で成り立っています。


1.口腔内をくまなくプロービングし、デンタルレコードを作製します。

2.口腔内のレントゲンを撮影します。肉眼では見えない歯の異常を発見することができます。

3.超音波スケーラーや音波スケーラーにより歯石、歯垢を除去します。

4.ルートプレーニング。1本1本の歯について、歯周ポケットにキュレットと呼ばれる器具を入れ、歯根部の歯垢や壊死組織を除去します。

5.歯周ポケットを消毒薬で洗浄します。

6.ポリッシング。歯の表面のエナメル質は歯垢の中の細菌のためにでこぼこになてしまっています。これをそのままにしておくとすぐに再び歯石がついてしまいます。これを防ぐためにペーストとラバーカップを使って歯の表面を均一化する作業を行います。

7.フッ素を塗布して終了です。

以上が歯科予防処置の概要です。この過程で歯内療法や抜歯などが必要な歯が見つかった時は、同じ麻酔下で治療するのが基本です。

  • キュレットによる歯肉縁下のルートプレーニング

    キュレットによる歯肉縁下の
    ルートプレーニング

  • プロフィーカップとペーストによるポリッシング

    プロフィーカップとペーストによる
    ポリッシング